ワンダーアース最終チェック

2014 / 6 / 29 |ヒッコリーウィンドのこと

10325591_10152538226498556_41592950960079937_n

ワンダーアースの最終チェックで知床に3日間入った。
新緑がほぼ仕上がりをみせて鳥や動物たちも子育てに奔走している時期。
日本最高峰を意識したネイチャーツアーは、食はもちろん知的好奇心の満足度や感動体験の高いレベルを目指す。
本番と同じ時間配分や食事をチェックしながらの行程。
知床の奥深さや人を惹きつける魅力を再度再度探っていく。 » Read the rest of this entry «

Ural Owl Forest

2014 / 6 / 23 |季節のおすすめ, 6月のガイドレポート

Ural Owl 1

エゾフクロウの雛が2羽、間もなく巣立って行こうとしている。
母親はまだしばらく一緒にいるが、生まれた森から出て行く時期が少しずつ近づいているのだ。
ミズナラやイタヤカエデの大木が残る森。
何度かお客さんやアシスタント達と観察に行っているのだが、そこで何人かのカメラマンや地元の愛好家と話す機会もある。
» Read the rest of this entry «

Eurasian Hobby

2014 / 6 / 20 |季節のおすすめ, 6月のガイドレポート

Eurasian Hobby
最近、チゴハヤブサの夫婦の観察をする機会に恵まれている。
東南アジアから毎年、鶴居村へ繁殖に帰ってくる彼ら。
ハヤブサという名前でもイメージできるように彼らはめっぽうかっこうがいい。
しなやかさやスピードに代表される飛翔。
今は抱卵がはじまり雄がハンティングして雌に届けるという、これもまたたまらなく胸が熱くなるシーン。
鳥に興味があまりなくても、この彼らの営みを大自然のなか観察できれば、きっと生きている実感や地球が人間だけの世界ではないという考えも自然に芽生えてくると思う。
今、若手が2名ヒッコリーに入っているが、彼らもこのチゴハヤブサが大のお気に入り。
いつも目を輝かせて観察している。
一生懸命日々勉強やトレーニングの彼らだが、そんな彼らとチゴハヤブサたちの生きざまも重なるのかもしれない。
自然や人間の精一杯や一生懸命をみながら自分もベストを尽くす想いをまた新たに思う。
チゴハヤブサの子供たちや巣立ちも今から心躍る。

Eastern Hokkaido Spring to Summer Dreams

2014 / 6 / 16 |ガイド, ヒッコリースタジオ

Eastern Hokkaido Spring to Summer Dreams

目を見張るほど魅力的な春から夏の東北海道の自然。 それは厳しい冬から時々緩む笑顔のような緑の季節。 それは深い微笑み。 フィールドに立ち続けること。 ウィルダネスに祈る時間。 多くの生命の躍動が静かに心地よく我々のカラダや心に沁み渡ってくる季節と時間でもある。

48 写真


千葉智寿ハーモニカライヴ

2014 / 5 / 29 |イベントカレンダー, ライヴ&コンサート

◆6月5日(木)【千葉智寿ハーモニカライヴ】
ウィルダネスロッジ・ヒッコリーウィンド
大人¥2500 / 学生¥1000 小学生以下無料
19:30 オープン / 20:00 スタート

お問い合わせはこちら » お問い合わせ

» Read the rest of this entry «